【ソーシャルディスタンス】コロナ時代の韓国での映画館【韓国】

ソウルの映画館で、『鋼鉄の雨2』を観てきた。

日本ほどではないにしろ、韓国でもコロナウイルスがまだまだ収まらない状況である。

そんな中、韓国の映画館では、どのようにコロナ対策を行っているのか気になっていた。実際に行ってみて、興味深かったので簡単に紹介する。

1.チケット購入の時点から「ソーシャルディスタンス」

私は映画館の券売機でチケットを購入した。その時の操作画面が以下の動画である。

どうなっているのかというと、チケットを映画館で購入する際には、

「“選べる席”がすでに間引きされている」

ということなのだ。

座席選択画面をもう一度見てほしい。

座席選択画面
選択画面の赤い部分を拡大

ちょっと見づらいが、座席の種類が上のように分かれている。

左から、

「選択した座席」(紫色のマス。私が購入しようとしている。)

「予約済み座席」(バツ印のマス。すでに他のお客さんが購入済み。)

「選択不可」(灰色のマス。)

「間を空けるための席」(白いマス。)

という意味である。

つまり、購入済みの座席の他に、「そもそも選択できない席」を確保することによって、映画観客同士のソーシャルディスタンスを実現しているわけである。

2.体温測定

これはシンプルである。チケットを購買し、ポップコーンを携えていざ入館しようとすると、下記の写真のように体温測定が求められる。

ちなみに36.3度でした

写真に2台映っている細長い機械の上の部分がカメラとなっている。顔を映し、体温を計測しないと入れないことになっている。

以上、韓国の映画館のコロナ対策を紹介した。

Published by Atsushi

I am a Japanese blogger in Korea. I write about my life with my Korean wife and random thoughts on business, motivation, entertainment, and so on.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: