『大清帝国への道』と多民族国家の萌芽

多民族国家・中国の直近の基層と言える清朝だが、その多民族性の萌芽は既に入関前から見られるという指摘がとても勉強になりました。

ここ に 成立 し た 大 清 国 の 支配 構造 は、 満 旗( 満・蒙・漢)・漢( 長城 以北 の 農耕 地域)・藩( 内 モンゴル 地域) から 成っ て い た。 長城 以北 の 漢族 農耕 地域 を 直接 統治 下 に、 外藩 の 内 モンゴル 地域 を 間接 統治 下 に 置く この 構造 は、 東北 部 における 満・蒙・漢族 の 統合 を 象徴 する と 同時に、 入 関 後 の 清朝 最大 版図 時 における 支配 構造 の 雛形 を なす もの で ある。 この 時代 の 政治 上 の 動向 は、 入 関 を 経 て 乾 隆 二 〇 年代 に 最大 版図 を 形成 する に いたる 清朝 における 政治 上 の 流れ の まさしく 源泉 で あっ た。 大 清 国 は、 多 民族国家 として の 規模 を 拡大 さ せ た という 点 で、 アイシン 国 の 政治 体制 を 一歩 進展 さ せ た もの と 捉え られる。

石橋崇雄
大清帝国への道 (講談社学術文庫)
第二章 民族統合・建国から大清国の成立──初代ヌルハチと第二代ホン=タイジの時代

Published by Atsushi

I am a Japanese blogger in Korea. I write about my life with my Korean wife and random thoughts on business, motivation, entertainment, and so on.

One thought on “『大清帝国への道』と多民族国家の萌芽

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: