高陽カフェ: Rio Rico

金浦空港から漢江を挟んで対岸の高陽(コヤン)市にあるカフェRio Ricoに行ってきました。 POINT 1. 漢江ビュー 高台にあるため、漢江がとてもよく見えるのです。 2. 三方が窓で解放感がある カフェ全体が、外を見渡せるようになっておりとても解放感があります。 3. 幸州山城が近い もちろん料理も美味しかったです。

仁川カフェ: チャイナタウン• カフェアキラ

仁川のチャイナタウンにある日本風カフェアキラに行ってきました。 ポイント: 1. 仁川チャイナタウンど真ん中に位置しつつ閑静な雰囲気 2. 美味しいコーヒーとクロワッサン 3. 日本風建物とBGM 位置や詳しい情報は、以下のリンクも見てください! https://m.blog.naver.com/atsushiseoul/222375008038 1. 仁川チャイナタウンど真ん中に位置しつつ閑静な雰囲気 2. 美味しいコーヒーとクロワッサン 3. 日本風建物とBGM https://m.blog.naver.com/atsushiseoul/222375008038 Feels like home 🏡 pic.twitter.com/cHQUDBYY5m — 아츠시 님 (@AtsushiSeoul) May 30, 2021

빈센조(Vincenzo/ヴィンチェンツォ)はまずはソンジュンギの顔と壮大なOSTが楽しめればそれでいい。検察改革や積弊精算のメッセージまで気が付ければ上級者。

빈센조(Vincenzo/ヴィンチェンツォ。以下、빈센조で統一)を全話観た。面白かった。 ストーリーとしてはよく言って荒唐無稽な設定である。幼少期に韓国からイタリアに養子に出された韓国人男性が、長じてイタリアマフィアの大物になり、あることがきっかけで祖国である韓国に戻り、成り行き上韓国のバベル・グループという架空の財閥との対決に巻き込まれながら、持ち前のマフィアスタイルで巨悪を葬り去っていくという話である。どこから突っ込んでいいか分からない。 もちろん、真面目な内容も多く含まれている。最も真面目なのは、検察の腐敗と、非理の被害者たちの細やかな描写である。前者はムンジェイン大統領と韓国の民主化勢力が政治生命を賭けて取り組んでいる内容であり、後者はセウォル号への追悼である。 検察の腐敗で言えば、腐った部分と腐ってない部分を備えたリンゴは、腐っていないと呼べるのかどうかという哲学的な問いかけを通して、検察改革の正当性を強烈にアピールしている。 セウォル号事件へのオマージュでいえば、犯罪被害者たちが「もう飽きた、いい加減にしろ」と匿名掲示板にて暴言を吐かれたりする描写や、関連シーンに搭乗する車のナンバーが0416(2014年4月16日がセウォル号事件)だったりするなど、完全に追悼メッセージとなっている。 そして、主人公たる빈센조は、そうした腐敗検察と手を組んだ財閥による被害者たちの側に立って、悪党には悪党の手段を以て対峙していく。「ゴミを片付けるゴミ」を自称しながら。設定は荒唐無稽ながら、その荒唐無稽さがいい。快刀乱麻といった感じで、執拗な財閥・検察の攻撃に反撃していく。毎話胸のすく展開が待っている。 しかしながら全体として暗い印象が否めないのは、やはりマフィアスタイルのもつ陰湿性、残虐性のせいだと思う。最終話に向けて、暴力はどんどんエスカレートしていく。血で血を洗う抗争も待っている。その暗さを救うのが、빈센조を演じるソンジュンギの甘いマスクと、壮大なOSTである。特に、OSTの素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。毎回ストーリーの最後に流れ、次回作への期待を高める『Un diavolo scaccia l’altro』、暗さと力強さを感じさせる『Mafia』、狡猾な財閥の攻撃に奇策で反撃するシーンを盛り上げる『For The Justice』、巨大な何かと対峙する悲壮感を感じさせる『Stopped Time』など、名曲ぞろいとなっている。 最後に、ソンジュンギ演じる빈센조の名言を紹介して終わりとしたい。 “반복된 망언은 실수가 아니라 태도예요. “(빈센조) 「繰り返される妄言は、ミスではなく態度です。」 日本でも多くみられる、歴史修正主義者たちの妄言やそれを垂れ流す一部メディアを考える時、非常に示唆に富んでいる。 #빈센조 #Vincenzo #ヴィンチェンツォ #ソンジュンギ #韓国ドラマ #検察改革 #積弊精算 #民主化 #セウォル号

今日の #韓国カフェ ~永宗島編~

今日は仁川空港があることでも有名な永宗島(ヨンジョンド)のカフェを巡って参りました。 永宗島の位置はこの通り。仁川国際空港があることでも有名です。 1個目のカフェは「カフェ チャムジンドキル28」です。 (住所はこちら) https://m.place.naver.com/restaurant/1252341696/home 海辺のおしゃれなカフェです。 目の前は西海(ソヘ)の海でした。 このカフェの売りはオーシャンビューです。ご覧の通り一面の海景色。 この窓に書いてあるのは「너는 참 예쁘다. 눈부시게 아름답다.」(あなたは本当にきれいだ。眩しいくらい美しい。)という韓国語です。 窓の外の海や空の景色と、内装が素晴らしく調和がとれていました。美意識。 この感性は素晴らしいと思います。 テラス席もあります。海の絶景を、楽な姿勢で楽しむことが出来ます。 内装も綺麗でした。 当然カフェなのでコーヒーが飲めます。アイスアメリカーノが美味しいです。 アイスアメリカーノは5,000ウォンでした。 分かりにくいのですが、対岸の松島(ソンド)が肉眼ではっきり見えました。このあたりが仁川の魅力の一つでしょう。永宗島、松島、江華島、主だった島がそれぞれかなり近くにあってお互いに見ることが難しくないのですよね。 最後に、海とピアノの組み合わせがきれいだったので見ていってください。 続いて訪れたのは、「ウランニトップカフェ」です。 住所はこちら 을왕리탑카페인천 중구 을왕로 70 JNT건물 4층http://naver.me/GvkrzXKe ウランニは、仁川最大の海水浴場です。 このカフェの売りは何と言ってもウランニの海水浴場が一望できるロケーションです。 もちろん、内装も綺麗です。 ここのアイスアメリカーノは5,500ウォンでした。さっきのカフェより500ウォン高いですね。やっぱりいい場所にあると高いんですかね。 このカフェの名前は、トップカフェ。ということで、ルーフトップ(屋上)にも上ってみました。 階段も洒落ています。 屋上から眺める海水浴場もいいですね! 写真に見えるように、海水浴場の目の前は食堂街です。 車で食堂街を通ったのですが、客引きが熱心ですごくにぎやかでした! そうこうしているうちに、屋上から見える夕日が沈みかけていることに気が付きました。 そうでした、実はここには夕日を見るために来たのでした。 というわけで海水浴場に降りて海に向かいました。 無事に夕日に間に合いました! 僕たちと同じように、夕日を見に来た人がたくさんいました。 夕日が西海に沈むまで、見ていました。 永宗島はいいところです。