遠距離恋愛について その4

その年、というのは僕が3つ目の部署に異動した年だが、僕は彼女の誕生日に合わせて韓国で彼女とデートをすることにした。そしてそれはただのデートで終わらせるつもりはなかった。このデートで僕は彼女にプロポーズし、結婚を申し込むつもりだった。

僕は彼女と付き合う前に、まともに女性と交際したことがなかった。彼女との遠距離恋愛が僕にとって最初の恋愛であり、最後の恋愛でもある。要は多様な経験があるわけではないので、我ながらなんとなくベタなプロポーズの方法しか思いつかなかった。

韓国、ソウルに63ビルディング(63빌딩)という高層ビルがある。ソウルの中心を流れる漢江(ハンガン)という川を見下ろす、韓国有数の歴史ある建築物であり観光名所でもある。その最高階に近いフランス料理のレストランを僕は予約し、彼女と誕生日デートをすることにした。そこで僕たちは食事をし、デザートが出てきた頃に僕は改まって彼女に婚約指輪を渡し、プロポーズをした。

「僕と結婚してください。そして日本に来てくれませんか」

僕はそう言った。

その時の彼女の反応は何というか、複雑なものだった。まず、彼女は嬉しそうな顔をした。次に、うつむいてちょっと考え込むそぶりを見せた。やがて顔を上げたとき、彼女はちょっと悲しそうな顔だった。そして言った。

「ありがとう。気持ちはすごく嬉しい。私も結婚したい。でも、日本には行けない。結婚したくないわけじゃない。だから、この指輪を受け取るのは、”保留”させて。」

そう言って、彼女は婚約指輪を僕に「返却」した。プロポーズ失敗である。

僕は正直、彼女の気持ちを十分に読み取れていなかったと思う。そのころまで僕は、もしかしたら彼女が日本に来てくれるかもしれないという甘い期待を持っていた。お互い、自分の国で仕事を持ちながらの遠距離恋愛。二人とも、相手の国で留学や生活を一度もしたことが無い状態での遠距離恋愛。結婚し、一緒に住むためには、二人のうちどちらかが必ず今の生活を捨てなければならない遠距離恋愛。客観的に見ても僕たちが乗り越えるべき壁は高かった。そして、彼女が日本語が喋れない以上(僕たちの会話は全て韓国語だった)、彼女にしてみれば日本に移り住むことに対して僕以上に抵抗感があったのは間違いない。

今でこそ冷静にそう考えることができるものの、当時の僕は「もしかしたら」という一縷の望みにすがって彼女に求婚+日本移住を提案したのだった。そして結果は失敗だった。

プロポーズに失敗した僕は、落ち込んだ。正直、彼女と遠距離恋愛をする中で一番落ち込んだと言っていいかもしれない。そして、二人の将来について真剣に悩んだ。もはやこれまで、という気持ちにすらなった。当時は韓国での就職活動の糸口さえつかめていなかったのだ。

ソウルでのデートを終え、僕は飛行機に乗って東京に戻った。そして彼女とスカイプをした。そのスカイプの中で、彼女は僕の目の前で「次のデート」のためのソウル発東京行きの飛行機のチケットを予約した。

彼女は彼女なりに、僕からのプロポーズを「保留」してしまったことが申し訳なかったらしい。そして、僕たち二人の関係がまだまだ終わっていないことを示すために、わざわざスカイプしながら飛行機のチケットを取ったのだ。僕は絶望から少しずつ抜け出し始めた。今考えると、このプロポーズ失敗事件が、二人の関係の中で一番の危機だった。この事件の後、僕は韓国移住を決心した。そして、二人の関係を進展させることを急がないことに決めた。韓国での就職、韓国移住を本格的に準備することにした。(続く)

遠距離恋愛について その3

毎晩のビデオ通話、3か月に1回のデート。最初から遠距離恋愛をしていたにしては、僕たちは結構安定した関係を築いていた。そして、いつしかその関係性に慣れつつあった。

会社員の生活と言うのは不思議なもので、一日一日はなかなか過ぎないのに、一週間はあっという間に過ぎるし、なんなら一年くらいはあっという間に過ぎてしまうというところがある。これは社会人になったことのある人なら誰しも一度は感じることではないかと思う。そして僕たちは、それぞれの国で職場勤めをしながら、いつしか夜寝る前のスカイプを1時間ずつすることがすっかり習慣になった。

楽しい思い出もたくさんある。寝る前のスカイプだけでなく、カカオトークという韓国のメッセンジャーアプリを使って、短いメッセージをたくさん送りあった。日本でいうとLINEみたいなアプリである。僕のスマホに入っているあの黄色いアプリには、当初は彼女しか連絡相手が登録されていなかった。日本でほとんど知られていなかったというのもあるし、そもそも僕が彼女と連絡するためだけに使っていたというのもあった。道端で見かけたちょっとした風景を写真に撮って彼女に送ったりしていた。

また、紙の手紙もしたためた。東京かソウルでデートするときに手渡ししたこともあるし、彼女の住所に国際郵便で送ったこともある。その時の手紙は今でも残っているし、僕の韓国語のスペルミスとかも笑い話の種になる。ある意味、古典的な遠距離恋愛を楽しんでいたように思う。

しかし、僕たちがいくらお互いを好きあっていても、住むところが1,000キロ離れているという事実は変えようがなかった。

遠距離恋愛は男と女でとらえ方が違うという。男はなんだかんだで結構「慣れる」が、女はどうしても寂しさが募るという。僕たちの場合もそうなりつつあった。例えば、スカイプでビデオ通話しながらも、どうしても将来が不安になって、彼女が泣き出してしまうことがあった。僕がどんな言葉をかけても泣き止まない。僕も分かっていた。彼女が欲しいのは言葉じゃなくて、僕が横にいてあげられるという状況であることを。

僕にしても、誰かに恋愛の話題を出されるたびに、「付き合っている女性がいて、彼女は韓国人で、韓国で働いている」という説明を繰り返すことに疲れ始めていた。特に、周囲の人間のライフイベントが発生するたびに(恋人ができた、結婚した、子供が生まれた等)、僕は我が身を顧みて行く末を案じてしまうようになった。恋人がいなかった時代とはまた違った意味で、他人の幸せを素直に祝福できない状態であったとも言える。

何かをする必要があった。

その年、僕は会社の部署を異動になった。新卒で入ったこの会社での3つ目の部署だ。僕は新しい仕事にも、職場の人間関係にも慣れ、そこの仕事が気に入りだしていた。仕事内容が変わり、心機一転といった感じの今こそ、僕たち二人の関係を前進させる機会であると思った。

僕はその年の彼女の誕生日に行動に移ることにした。(続く)

[韓国旅行]テグ、プサンの旅[旧正月]

韓国は1月24日から1月27日まで旧正月でした。

旧正月のごちそう@妻の実家

僕も妻の実家に”里帰り”して来ました。

ソウル駅にて

ソウルからKTXという特急列車に乗ってテグ(大邱)という南部の都市まで。

快適なKTX

快適な車内で2時間はあっという間に過ぎます。

妻と一緒に妻の実家にて、ご両親にセベ(세배)という韓国式お辞儀をします。

韓国語での「明けましておめでとうございます」は、

「새해 복 많이 받으세요」(せへぽんまにぱどぅせよ)と言います。

妻の実家でゆっくりした後は、せっかく南まで来たので、ということで釜山(プサン)まで足を伸ばしてみました。

雨の釜山市内

が、あいにくの雨(泣)

というか土砂降り!!!!😭😭

雨の広安里(クァンアンリ)海岸

とはいえ翌日は雨もやみ、太宗臺(テジョンデ)という岬に遊びに行きました。

太宗臺より臨む

ここから見えたのはなんと…日本!!!

画面奥が対馬…見えにくいけど

釜山の南端まで来ると、日本の対馬(つしま)が肉眼で見えるんですね!

ちなみに対馬からも釜山が見えるそうです。そりゃそうか。

おまけ:展望台の猫

楽しい旧正月でした!

スタートアップとは「組織」ではない。客を見つける「行為」なのだ。

スタートアップとは「組織」ではない。客を見つける「行為」なのだ。

人々が、”自分ですら気づいていない”本当の問題を解決するための行為をスタートアップと呼ぶ。

自分ですら気づいていなかった本当の課題とは、偏見を持たず、じっくりと人々と会話することによってのみ、目の前に立ち現れる。

決して答えありきの質問をしてはならない。オープンクエスチョンの連続で、辛抱強く、一つ一つ聞き込みをしなければならない。探偵のように。

そして、人々が気づいていなかった”偏頭痛級の痛み”を見つけるまでその探偵チックな行為を繰り返す。この一連の行為のことをスタートアップと言う。

スタートアップは、したがって、企業などの組織のことを指すわけではない。

スタートアップとは行為なのだ。探偵なのだ。客を見つける探偵行為なのだ。真実はいつも一つ。

そして、スタートアップすることで”偏頭痛級の痛み”を持つ”客”を見つけるまでは、人は何もしてはいけない。勤めている会社を辞めてはいけない。貯金をおろして来てプロダクトを開発してもいけない。ただただ、”客”を見つけるまで探偵を続ける。

”客”とは、口先だけでなく実際にクレジットカードの番号を入力する、くらいの本気度をもって、探偵の提示した解決案に食いつく人のことである。

その解決案を提示するために、スケッチを描くとか、デモ動画を作るくらいはしてもいい。だが必要最低限の金のみを使うべきだ。

”客”を見つけて、売り上げが立つことが確信できて初めて、人は客のためのプロダクトを作り始めてよい。そのために人を雇って会社を作るくらいのことはしてもいいかもしれない。だがそれはもうスタートアップではない。スタートアップとは、客が見つかるまでの辛抱強い、疑い強い、偏見を持たない、探偵稼業のことなのだから。

ダイアナ・キャンダー (著), 牧野 洋  (翻訳)

STARTUP(スタートアップ):アイデアから利益を生みだす組織マネジメント

新潮社、2017年

韓国と日本と

たとえば日本人と韓国人がアメリカや中国みたいな”第三国”で知り合うと、あっという間に仲良くなるのは海外に住んだことのある人ならわかると思う。それだけ気質もよく似ているのだが、よく見ると違うところも結構ある。でも、「日本と韓国は違う」というのは、すごくレベルの高い問題(テストで言うと応用問題みたいなもの)なので、世界の人に説明する時には「日本と韓国はほとんど同じ」と説明するのが楽。でも英語圏の人でこの記事のように、ここまで観察している人は本当にすごいと思う。

遠距離恋愛について その2

僕たちは付き合い始めの時点から遠距離だった。

多くの遠距離カップルは、さすがに付き合い始めのころは一緒にいたのではないかと思う。何しろ「付き合う」というのは、「一緒にいる」ということとほぼ同一視されているのだ。

その点で僕たちカップルは変わっていた。交際のきっかけは僕の告白だが、それすら便箋と封筒を国際郵便で彼女に送ったくらいだ。交際前から頻繁にSkypeでビデオ通話をしていたが、僕の告白を彼女がOKしてくれたことから、毎晩決まった時間にビデオ通話をするようになった。

だから僕たちの経験は決して一般化できるものではないと思うが、それでも遠距離恋愛で悩んでいる人たちに何かしらのヒントのようなものが提供できればいいというのが僕のささやかな望みだ。

さて、改めて僕たちの遠距離恋愛はどんな感じで進行していったのかを振り返ってみたい。

彼女の居住地はソウル(大学生)→ヨーロッパ(交換留学先)→ソウル(大学生、社会人)と変わっていった。

一方僕はずっと東京在住だった。

正直、彼女が大学を卒業し社会人になるにあたって、日本に来てほしいという思いが無かったわけではない。先に社会人になっていたのは僕の方だったのだから。それでも、彼女には自分のキャリアを描いてほしい、僕たちが一緒になるのはそのあとでも構わないと思った。いつかは結婚したいと思いながら、結婚を焦ってはいなかったように思う。

結局彼女は韓国で就職した。僕のほうは相変わらず東京で働いていた。僕たちは毎晩のようにスカイプで1時間~2時間ビデオ通話し、何かにつけてカカオトークで写真やメッセージを送りあった。僕たちの会話は、最初は英語で行われていたが、僕がだんだん片言の韓国語を覚えると、英語より韓国語のほうが日本語にずっと近く、細かいニュアンスまで伝えられることもあって、韓国語で話すのが当たり前になっていった。気づけばTOPIK6級などという資格も取っていたし、考えてみれば語学の問題もあって僕が韓国に行くことが、僕たちカップルの暗黙の了解になっていたのかも知れない。

お互い会いたくてたまらなかったが、お金の問題もあり、実際に会えるのは3か月に一回といったところだった。四半期決算のような話だが、勤め人をしながら金を貯めるとなるとどうしても会社のリズムに近くなるものらしい。僕が韓国に行くことが多かったが、彼女も時々日本に来た。ソウル市内でデートしたり、韓国の地方都市に足を延ばすことも多かった。韓国は国内交通網がよく整備されている上に安いので、地方旅行は結構快適で楽しかった。彼女にしても、東京でデートをすることは僕に会いながら日本のあれこれを体験できる楽しい時間だったと思う。遠距離で始まった僕たちの恋愛関係は、いつしか遠距離で時々会うことが当然のようになっていった。

(続く)

遠距離恋愛について

僕たち夫婦は遠距離恋愛のサバイバー(生存者)である。

遠距離恋愛というのは、カップルが物理的に離れていることを意味する。僕たちカップルの場合は、僕が東京で彼女がソウルに住んでいた。6年半遠距離で関係を続けたのちに、最終的に僕が韓国に移住し、結婚した。

6年半の遠距離恋愛、かつ海外との遠距離恋愛というケースはあまり多くないと思う。さらに言えば、男性の方が移住するケースはさらに少ないと思う。

もしかしたら昔の僕と同じような境遇で未来の心配をしている人がいるかもしれないので、そんな奇特な人のために僕の経験したことをこれから書いていこうと思う。

僕は日本生まれ日本育ちの日本人である。彼女は韓国生まれ韓国育ちの韓国人である。では僕たち二人はどこでどう知り合ったのか?

僕たちは、僕の大学の格闘技サークルを通じて知り合った。僕の大学と、彼女の大学には交流があったため、毎年交流戦があった。僕と彼女はそこで知り合った。

が、その時は本当に「知り合った」だけで、連絡先を交換したくらいだった。しばらくはメール友達のような形で、連絡を取り合っていた。正直なところ、当時は付き合うことになるとは思っていなかった。

その年の秋に韓国に遊びに行った。彼女は交換留学で、ヨーロッパに行っておりソウルにはいなかった。僕はソウルで彼女と僕の共通の友人と食事をしながら、僕の妻になる女性が僕のことをすごく好きであるということを聞いた。「いい子なので、よろしくお願いします」と友人は冗談めかして言ったものだ。

変な話だが、その話がすごく心に響いた。メールの交換は楽しかったが、付き合うというほどではなかった。でも友人氏から、彼女が僕のことを好いていてくれているという話を聞いた後では、意識せざるを得なかった。僕たちはメールに次いでFacebookの友達になり、Skypeを交換し、毎晩ビデオ通話するようになった。彼女の誕生日に合わせて手紙(Eメールではなく紙の手紙)を送って交際を申し込み、年末年始のヨーロッパで彼女と久しぶりに対面してデートした。

彼女と僕は正式に遠距離カップルになった。その時点で彼女は留学期間が残っていたので、最初から僕たちはSkypeでデートするカップルだったと言える。半年後、彼女が韓国に帰国してから僕はまた彼女に会いに韓国に行った。その時のデートで言われた言葉を覚えている。

「こうして会えるのはすごく嬉しいけど、これから私たちどうしよう?」

彼女はまだ学生だったが、僕は東京で社会人として働いていた。かといって僕も彼女に韓国を捨てさせるようなことはしたくなかった。彼女も同様で、

「お互いのヒセン(犠牲)が大きいよね」

とため息をついていた。僕たちの国際遠距離恋愛はまだまだ始まったばかりだったのだ。

(長くなってしまったので続きは次の投稿で)

韓国の公共交通機関における「妊産婦配慮席」について

韓国の妊産婦配慮席(임산부배려석)についてツイッターで紹介したところ、思ったより反応があったのでブログにまとめたい。

日本でも痛ましい事件が絶えないが、韓国でも妊産婦が満員電車に乗車する際に十分な配慮がされにくいことは社会問題であると認識されている。そこで、ソウル首都圏や釜山、その他大都市の多くの地下鉄やバスで妊産婦配慮席というのが配置されている。これは従来の老弱者席とは別個である。

韓国の地下鉄における妊産婦配慮席
出典: https://m.insight.co.kr/news/215717

これが妊産婦配慮席である。ソウルに旅行に来たことのある人なら、空港とソウルを結ぶ空港鉄道という列車の車内や、ソウル市内の地下鉄車内で見たことがあるのではないだろうか。

この妊産婦配慮席だが、誕生のみならず運用でもかなり苦労しているようだ。本来は妊産婦のために設けられた席だが、そもそも誰が妊産婦なのかは見た目では分からないことも多い。 また、ラッシュアワーに利用してみればわかるが、混雑時にはこの席だけを空けておくことはまずない。

上の写真(ネットでの拾い物)のように、ソウル首都圏の空港鉄道では、人形を置いておくことで、本来は妊産婦配慮席は妊婦専用の席であることを訴えている。乗客は人形をわざわざどかさないと座れない。だがもちろん、人形など意に介さず座ってしまう乗客も多い。年配の乗客などはこの人形の「上に」座っているのを時々見かける。また、前述のように混雑時にはそもそも妊産婦配慮席を空けておくことのほうが珍しい。

地下鉄の車内だけでなく、インターネット上でも論争が見られる。女性嫌悪的なコメントは、妊産婦に配慮すること自体に懐疑的なスタンスから妊産婦や女性全般を攻撃している。ここでは、論争について紹介したオンライン上の記事を一つ紹介しておくにとどめよう。

「一か月に5600件の問い合わせ…地下鉄妊産婦配慮席の”配慮にかける”現実」韓国日報

ではどうすればいいのか?妊産婦は体力的に大衆交通の利用が困難なのは明らかだ。妊産婦に配慮することは社会的に当然に見える。他方で、悪意のある乗客や、悪意はなくとも配慮する気のない乗客も多数いる。これらを考慮しつつ必要な時に妊産婦が配慮席に座ることができる運用が実現できないだろうか?

一つの解決案が釜山から提示されている。釜山地下鉄では「ピンクライト」というシステムが導入されている。これは妊産婦配慮席に固定ライト(「ピンクライト」)を設置し、一定の手続きに従って妊産婦に配布された「ビーコン」を操作するとピンクライトが光るというものだ。

釜山地下鉄の妊産婦配慮席の「ピンクライト」とビーコン。
出典: http://m.etnews.com/20191231000060
釜山地下鉄のピンクライトは、妊産婦がビーコンを操作すると点滅する仕組み。
出典: http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=0300&key=20180917.99099006987

ピンクライトは、妊産婦配慮席に既に乗客が座ってしまっている状態で、席を譲るよう声をかけるのがためらわれるという妊産婦の声にこたえる形で導入されたらしい。ライトが光ったら妊産婦が近くにいる、あの妊娠マークを見たら譲りましょう、という啓蒙とセットで運用されている。

また、ソウル大学のスタートアップ와이닷츠(WhyDots)は、ビーコンのアプリ代用によるピンクライト導入を交通公社に提案した。この提案は受け入れられなかったが、「ホームに来る電車の妊産婦配慮席をアプリで事前に予約」というUXはかなりいい線行っていたと思う。

ソウル大学のスタートアップ・WhyDots(ワイダッツ)によるアプリのデモ映像

ちなみに 僕が何故そんなマニアックなプロジェクトまで知っているかというと、そのスタートアップに一瞬だけ絡んでいたから。WhyDotsはその後ピンクライト関連からピボットして、認知症予防用の喋るロボットの開発に取り組んでいるので興味ある人は調べて見てほしい。

3Dプリンターを使って起業する韓国のスタートアップに関する報道

話がちょっと脱線してしまったが、韓国では社会問題に対して結構真正面から取り組んでいるということが言いたかった。交通公社が妊産婦配慮席を作ったのもそうだし、ピンクライトを追加したのもそうだし、さらには元気のいいスタートアップがテクノロジーでそれを改良しようともしている。

本来ならば、妊産婦配慮席など無くても乗客が席を譲ってくれるのが一番いい。僕もプロジェクトに関わる中で、妊産婦対象のアンケートを取ったことがある。その中で本当に多くの妊産婦が、身体的な苦痛に加えて社会からの悪意に苦しんでいることを知った。女性にしか見えない世界が確かにあった。

参考

ツイッターのハッシュタグ #男と女で見えてる景色が違う

お箸とスプーン

我が家では、食事のさいにお箸とスプーンの両方を準備するのだが、ある日のこと、食後に次の点に気がついた。

  僕:お箸のみ使用、スプーンは一切使わずきれいなまま

  妻:スプーンのみ使用、お箸は一切使わずきれいなまま

その日のメニューはごはんにテンジャンチゲ(味噌汁)、キムチポックム(キムチ炒め)だったと思う。

そう、韓国人の妻は、お箸を一切使わずにこのメニューを平らげたのだ。ごはんも、である。

韓国と日本はいろいろな面で似ている。

文化、言語、人々の顔形までそっくりだ。

しかし、似ているところが多い反面、時々

「あれ?ここは違うの?」

ということがある。

その一つが、お箸とスプーンの使い方だ。

日本人でもお箸やスプーンは使う。

でも、妻と暮らすようになってから、日本人と韓国人で使い方が違うことに気が付いた。

日本人はお箸をメインで使う。お箸を使って、ごはんを食べ、お味噌汁を食べ、おかずを食べる。

一方韓国人にとってはお箸はメインというより、スプーンと併用する。お箸とスプーンのツートップという感じだ。

例えばごはんを食べるときには、韓国人はあまりお箸を使わない。もちろん使うこともあるが、ごはんはスプーンで食べることのほうが多いようだ。(麺類はもちろんお箸を使う、念のため)

妻に聞いたところ、

「子供のころ、お箸でごはんを食べていたら親に怒られた」

「それからごはんはスプーンで食べるようになった」

とのこと。そこまでするのか!

親が子供に躾ける内容の中に「ごはんはスプーンで食べなさい」というものまであるとは。

僕たち夫婦に子供が出来たら躾け方に迷いそうだ・・・

このブログについて

はじめまして!このブログ・「男の韓国移住」にアクセス頂きありがとうございます。

私は日本生まれ日本育ちの男性ですが、格闘技を通じて知り合った妻(韓国人)と結婚するため韓国に来ました。

韓国では私のように韓国人と結婚して韓国に住む外国人配偶者を、

「結婚移民者」

と呼んでいます。

結婚移民者は、圧倒的に女性が多いそうです。(=旦那さんが韓国人、というケースがほとんど)

私のように男性で韓国人と結婚してしかも韓国に住むというケースはあまり多くないようです。

このブログではそんな珍しい男性結婚移民者である私が、韓国に住みながら見聞したこと、感じたことなどを書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!