今日の #韓国カフェ ~永宗島編~

今日は仁川空港があることでも有名な永宗島(ヨンジョンド)のカフェを巡って参りました。

永宗島の位置はこの通り。仁川国際空港があることでも有名です。

1個目のカフェは「カフェ チャムジンドキル28」です。

(住所はこちら)

https://m.place.naver.com/restaurant/1252341696/home

海辺のおしゃれなカフェです。

目の前は西海(ソヘ)の海でした。

このカフェの売りはオーシャンビューです。ご覧の通り一面の海景色。

この窓に書いてあるのは「너는 참 예쁘다. 눈부시게 아름답다.」(あなたは本当にきれいだ。眩しいくらい美しい。)という韓国語です。

窓の外の海や空の景色と、内装が素晴らしく調和がとれていました。美意識。

この感性は素晴らしいと思います。

テラス席もあります。海の絶景を、楽な姿勢で楽しむことが出来ます。

内装も綺麗でした。

当然カフェなのでコーヒーが飲めます。アイスアメリカーノが美味しいです。

アイスアメリカーノは5,000ウォンでした。

分かりにくいのですが、対岸の松島(ソンド)が肉眼ではっきり見えました。このあたりが仁川の魅力の一つでしょう。永宗島、松島、江華島、主だった島がそれぞれかなり近くにあってお互いに見ることが難しくないのですよね。

最後に、海とピアノの組み合わせがきれいだったので見ていってください。

続いて訪れたのは、「ウランニトップカフェ」です。

住所はこちら

을왕리탑카페
인천 중구 을왕로 70 JNT건물 4층
http://naver.me/GvkrzXKe

ウランニは、仁川最大の海水浴場です。

このカフェの売りは何と言ってもウランニの海水浴場が一望できるロケーションです。

もちろん、内装も綺麗です。

ここのアイスアメリカーノは5,500ウォンでした。さっきのカフェより500ウォン高いですね。やっぱりいい場所にあると高いんですかね。

このカフェの名前は、トップカフェ。ということで、ルーフトップ(屋上)にも上ってみました。

階段も洒落ています。

屋上から眺める海水浴場もいいですね!

写真に見えるように、海水浴場の目の前は食堂街です。

車で食堂街を通ったのですが、客引きが熱心ですごくにぎやかでした!

そうこうしているうちに、屋上から見える夕日が沈みかけていることに気が付きました。

そうでした、実はここには夕日を見るために来たのでした。

というわけで海水浴場に降りて海に向かいました。

無事に夕日に間に合いました!

僕たちと同じように、夕日を見に来た人がたくさんいました。

夕日が西海に沈むまで、見ていました。

永宗島はいいところです。

今日の #韓国料理 #ビビンバ

今日はビビンバとうどんを頂きました。

出前とったのでビニールに包まれてます
コチュジャン
混ぜて頂きます
韓国のうどんってあっさりしてて美味しい。なんなら日本のうどんより美味しい。

ビビンバは6,000ウォン、うどんは3,500ウォンでした。

賢い移民生活:同胞編

珍しく夜にパソコンに向かう時間が出来ました。

最近感じたことを書きたいのですが、何かというとやはり私が韓国に暮らしながら、ある意味一番神経を使っているのが、実は日本人との付き合い方なのだということです。

ツイッターでは食べ物や風景の写真ばかりで、あまり触れませんが、私はソウルで働いているようです。まあ、毎朝「俺たちのソウルメトロ」の実況をしている生活パターンからバレているかも知れません。お仕事でも、日本人と会います。とてもいい人です。

普段の生活では、めったに日本人に会うことはありません。妻も韓国人ですし、韓国での友達も大体韓国人です。韓国に住んでる日本人のお友達は、本当に本当に数が限られています。お友達でいてくれてありがとう。

さて。

仕事、生活、と来れば(?)、残りはツイッターです。ツイッターの合間に仕事と生活をしている疑惑もありますね。

ツイッターというのはご存じの通り、エコーチェンバーです。つまり、少ない声が共鳴しあって、大きな声になる場所です。

韓国に住んでる日本人というのは、世の中的には少数派です。コロナ前ですが、日本外務省の方の統計(https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/tokei/hojin/index.html)によると、令和元年10月1日現在の在韓邦人数は45,664人ということです。5万人いないんですね。コロナが起きてから、日韓の往来はたとえ長期ビザがあってもかなり限られていることから、今でも5万人前後であると推測されます。日本の人口が1億、韓国の人口が5千万、その中の5万人です。少ない。

しかしながら、ツイッターではそうは思えません。私は在韓邦人です。なので、在韓邦人を中心にフォローしています。そうすると、フォロー先の人たちのフォロー先の様子も目に入ってきます。気が付けば周り中在韓邦人だらけ。

在韓邦人のツイッター世界も、かなり多様性があります。一番目立つのは、留学生でしょうか。韓国が好きでまたは韓国で何かを学びたくて、若かったり若くなかったりする人たちが学び舎や街での経験を綴っています。それから数では日本人妻が圧倒的に多い気がします。名節のたびに義実家(シデク)との緊張関係が滲み出ていて、こっちまで緊張してきます。あと、数は少ないですが、現地で就職ビザを取って働いている人たちとかもいます。社会的には駐在員もたくさんいるのですが、ツイッターではあまり目立ちません。

人が集まれば争いも生まれます。これは古今東西変わることがありません。何も外国に来てまで喧嘩しなくてもという感じですが、やっぱり喧嘩は起きます。どこに住んでいる、何を食べている、何を言った、全てが喧嘩の種になります。火事(炎上)と喧嘩(罵り合い)はツイッターの華。

韓国現地での政治状況が在韓邦人も陰に陽に分断していると感じることがあり、面白かったです。文在寅大統領を支持するのか批判するのか、どんな不動産に住んでいるのか、子供にはどんな教育を受けさせるのか、まさに韓国人の悩みが在韓邦人の悩みそのものになっているのが感じられます。僕も他人事じゃない。

若いころには喧嘩があれば飛んで行った僕ですが、結婚してやはりというかこの頃は落ち着いています。喧嘩をするのも楽しいですが、ちょっと呼吸を置いて、みんなの顔を少しずつ観察しているのも楽しいです。

私は元々中国畑の人間ですが、華僑に関する本を読み漁っていた時期もあります。華僑は現地社会と決して摩擦を起こさないよう、政治的主張をせず、波風を立てず、商売に専念する。そういうイメージがあるかも知れませんが、まあおおむね正しいようです。振り返って韓国の日本人社会はどうでしょう。社会というほどの実態があまりないような気もします。駐在員は何年かで必ず帰国する。日本人街を作らなきゃならないほど食を含めた文化の違いも無い。あとは、日本人妻の割合が多いので、現地社会と溶け合っている雰囲気が強い。どうもそんな感じである気がします。はいそこ、そうじゃない人もいっぱいいるって反論をしようとしたそこのあなた、今わたしは概略図を描いているんですから。

この記事は「賢い移民生活:同胞編」と題しています。某ドラマのパロディですが、実際に賢く移民生活を送るためにはどうすればいいのか、同胞(日本人のこと)とどう付き合うべきか、しばしば考え込んでしまうのです。お仕事を頑張って経済的に成功したい!日本人社会とは関わり合いにならないまま現地で幸せに暮らしたい!そういう考えと、日本人たちとも程よく付き合って、いい感じに祖国との絆を保っていきたい…そういう考えが交互に訪れる気がします。

さらに言うと、何かの文学サークルのような人たちが回し読みしているらしい雑誌で、「在韓在日」という言葉もあるらしくて、要は日本で在日コリアンと呼ばれている人たちで韓国に暮らしている人たち、つまり「在韓在日コリアン」の人たちのことなのですが、そういう人たちは日本では韓国を意識させられ、大決心して韓国に来てみれば日本人扱いされ、みたいな僕には一生分からない深い深い心の傷を負わされて生きているらしい。日本人も在日も、韓国の地では日本語圏から来た何者か、みたいな雑なカテゴリに入れられるような気がします。だから仲間だよ、とは軽々しくは言ってはいけないけど。

いずれにせよ、同じ日本から来て韓国に住んでいる人たちというのも、詳しく見ていくとかなり色々な人たちがいて、全員と仲良くすることはもちろん無理でしょうけれど、かといってまるっきりシャットアウトする気にもなれない、何というかそういう不思議な圧を感じます。多分、賢い移民生活を送るためには、あまり旗幟鮮明に何らかのスタンスを取るのではなく、是々非々で柔軟に対処していくのが必要なのでしょう。同胞についても、程よく付き合っていくのが一番悪くない道なのかも知れません。

今日の #韓国料理 #トンカツ

今日はトンカツを頂きました。

ソースをかけるのとハサミで切るという工程があるのですが、腹が減りすぎてそれを写真に撮るのを忘れていました。

このトンカツは1枚3,000ウォンでした。妻が市場で買ってきてくれたものです。

以下はブログコンテンツ向上のための実験です。たまたまこのページを見に来た方は驚かれるかもしれませんが、なにとぞご容赦を!

~以下、実験~

ネイバーブログのリンクがサムネイル表示されるか?

「ネイバーブログ記事」

ネイバー地図のリンクがサムネイル表示されるか?

「ネイバー地図」

【閲覧注意】朴正熙記念館に行ってきた(ダークツーリズム)

ヤバい博物館に行ってきた。韓国のかつての独裁者、朴正熙大統領の生家である。

なお、今回の記事には非民主的な事件が記述されているので、読者には気を付けていただきたい。私には朴将軍の業績を一切称賛するつもりは無い旨を予めご了承頂きたい。これは、いわゆるダークツーリズムの一種である。

さて、朴正熙大統領(以下、朴将軍)の生家は、韓国東南部の慶尚北道、亀尾(「かめお」ではなく「クミ」)市にある。

のっけからヤバい

入り口で、セマウル運動を模した銅像が出迎えてくれる。

セマウル運動といえば、朴将軍が推進した農村改革の富国強兵策のひとつである。そうそう、この記念館のある場所は、目の前の道路がなんと「朴正熙路」、もうひとつが「セマウル路」だった。

朴正熙路
セマウル路
記念館周りはのどかな郊外の住宅地
朴将軍を称えるスローガンの数々
トイレも立派。カネかかってる。

朴将軍の生家は小さな農家風の建物だった。貧しい生まれということ。

舎廊(サラン)
家の中
朴将軍の少年時代の勉強部屋

朴将軍の生家すぐ裏は山だった。

ポンプ式井戸

生家には廟堂が付設されている。

お香の匂い

保守王国として知られる、この慶尚道では、朴将軍にシンパを感じる人が今でも多い。妻は大邱の出身だが、妻の母上は「あの人は立派な人、貧しかった韓国を取り合えず食えるようにしてくれた」と言っている。この生家の展示を見ると、実際貧しさから身を起こして国家発展のために生涯を捧げた立派な人に見えなくもない。だが、そんな精一杯好意的に見ようとする試みも一瞬で打ち砕かれる偏向展示が私を待ち受けていた。

生家の隣には「民族中興館」なる名前の博物館があった。展示内容はひどく偏ったものだった。

「清廉な軍人」

「大統領就任」
クーデターのクの字も無い

朴将軍と言えば1961年の軍事クーデターであるが、この記念館にはクーデターという単語は使われていない。5•16革命という名で美化されている。

往事を偲ばせる物品たち

また、朴将軍と言えば言わずと知れた親日派(チニルパ)である。日本陸軍士官学校や満州軍官学校を出て将校勤務をしたことを知らぬものはいない。が、ここでは一切そんな記述は見られない。小学校で教職を勤めて辞めた後、何かいきなり光復を迎えることになっている。

前線勤務の軍人を激励する陸英修夫人の図。夫人のにこやかさと兵士の表情が完全に死んでいることが対照的

とにかく偏った記念館だった。芳名録も完全に朴将軍に私淑する親日右翼コメントばかりだった。

「この國を護って下さい」的なコメントだらけ

韓国語が読めない人のために、資料として日本語パンフレットを掲載しておく。親日右翼がこういう世界観であると知っておくことで、韓国や日本で反共を煽っているのがどういう人間なのか少しはわかるかもしれない。

(以下も閲覧注意)